2013-05-13 08.35.44.jpg

TMR係数データベース
Specific TMR database

TMR(関与物質総量)は採掘活動量を「重量」として評価する指標の1つです.マイニングフットプリントと呼ぶこともできるでしょう
Total Material Requirement, TMR, is one of the indicators quantifying "mining activities" in the unit of weight. This is also addressed as "mining footprint".

 

TMR係数データベースについて
About the specific TMR database

本サイトでは,関与物質総量(Total Material Requirement, TMR)の情報を提供いたします.具体的にはTMR係数(1単位の製品やサービスを提供するために必要な採掘活動量,単位:kg-TMR/kg, kg-TMR/L, kg-TMR/kWh等)の提供を目的としています.ソース(文献)までたどることができるデータベースの構築を目指しています.我々以外のグループが推算された例も掲載したいと思っております.未掲載分がありましたらご連絡頂ければ大変ありがたく存じます.

現在,1100種類程度の素材,材料,中間物質,プロセス,製品についてTMR係数を推算済みです.論文化されると共に公開していきますが,相談内容によっては未公開数値も可能な範囲で提供いたします.問い合わせはこちらよりご連絡ください.また,特別な材料屋プロセスに関するTMR(係数)の計算の相談もウェルカムです

In our website, we are providing information for total material requirement, TMR. More concretely, we summarize database for specific TMR with reference(s). The specific TMR is one of measures to quantify mining activities to provide unit amount of product or service (unit: kg-TMR/kg, kg-TMR/kWh, etc.), considering hidden flow. We are welcome to add specific TMRs by other researchers.

As of today (early 2022), we have already estimated the specific TMR for more than 1200 substances, materials, products and processes. Although we only disclose published data, if you need unlisted data privately, please contact us through here.

 

データベースご利用にあたってのお願い

Notice

データの利用に当たって特に連絡を頂く必要はありませんが,必ず出典を示してください.出典は元論文をたどって頂き,可能であればこのサイトも宣伝してください(笑).注意点として,以下に示す数値は必ず何らかの仮定,あるいはケーススタディの下で推算されたものです.したがって,数値を利用される場合は,データの一人歩きを避けるため,それらの仮定を留意した上で行ってください.論文などで使用される場合は,推算条件も追記されるべきです.なお,データベース中にはNO-TMRやUO-TMRと記載されている場合があります.前者は自然鉱山から対象を得るためのTMR係数,後者は都市鉱山から対象物質を得るためのTMR係数(つまりリサイクルのTMR)です.実際の金属では,両者を混合する場合もありますが,そのような場合は単にTMRと記載されてます.詳しくはこの論文をご覧ください.

There is no need to contact with us when you use the specific data listed here. But please add primary reference(s). We are happy if you could refer our website as well. It should be noted that every data was estimated under specified assumptions or case studies. Thus, when you use our database, never forget to pay attention to these assumptions. Note that in the database, you can find "NO-TMR" or "UO-TMR". The former is the specifi TMR for obtaining the target material from a natural resource (mine), and the latter is that for obtaining the target material from an urban mine (i.e., TMR for recycling). In actual metals, the two are sometimes mixed, in which case it is simply referred to as “TMR". See this paper for more details.

埋め込みではなく直接スプレッドシートを開きたい場合はここからどうぞ

If you want to access the spreadsheet directly, please click here.