top of page
検索
  • Shunsuke Kashiwakura

SPARK!

We made a device to generate spark discharge for Yang's graduation research. The amplifier and other parts are ready-made, but the electrodes are handmade. Tungsten rods are wrapped around using a whole roll of insulation tape.


As a result of a trial run, we were able to successfully generate spark discharges. The high voltage should have been applied only between the electrodes, but the photo was taken from quite a distance because of the frightened operator.



4回生のYangくんの卒業研究へ向けてスパーク放電を発生させる装置を作成しました。アンプとかは既製品ですが電極は手作りです。タングステンの棒を絶縁テープをまるまる一巻き使ってぐるぐる巻きにしています。


試運転の結果、無事にスパーク放電を発生させることができました。高電圧は電極の間にしかかかっていないはずなのですが、びびっているため写真はかなり遠くから撮ったものです。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

修了生から嬉しいニュースが届きました. 昨年度修了生が学生支援機構の奨学金免除を申請していましたが, 全額免除が1名 半額免除が1名 となったようです. 学生時代に論文を書いたり,学会発表をすることは何より自分自身の能力向上に繋がりますが,副産物としてこういう効果もあったりします.是非,これに続いてくださいね.

12月13日,廃棄物資源循環学会主催のセミナー「リチウムイオン電池の資源性と将来展望」において,山末教授が登壇+パネル討論のコーディネータを行います https://jsmcwm.or.jp/?page_id=27610

記事: Blog2_Post
bottom of page