top of page
検索
  • Shunsuke Kashiwakura

3R

更新日:2022年6月9日

The 3Rs in a recycling-oriented society are broadly defined as


Reduce wasteful items in the first place.

Reuse things in their original form.

Recycle resources when they can no longer be used.


The priority levels are, in order from the top to the bottom. Looking around the laboratory from this perspective, we may find some treasures. This time, we found a temperature controller, a device used to heat and maintain items that generate heat to the required temperature. It happened to be made by the same manufacturer as the electric furnace in the laboratory, so we were able to activate it without any problems with simple home-made wiring.


Reuse was successful.



循環型社会における3Rとは、大まかに


Reduce: そもそも無駄なものを入手しない

Reuse: 形あるものはその形のまま再利用

Recycle: 形が保てなくなったら資源として再利用


であり、上から順に優先度合いが高くなります。そんな視点で研究室を見回してみるとお宝が転がっていることが。今回見つけたのは温度コントローラと呼ばれる、発熱するものを必要な温度まで加熱し維持するための装置。たまたま研究室にある電気炉と同じメーカーのものだったので、簡単な自作配線で問題なく起動させることができました。


リユース、成功です。






閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

修了生から嬉しいニュースが届きました. 昨年度修了生が学生支援機構の奨学金免除を申請していましたが, 全額免除が1名 半額免除が1名 となったようです. 学生時代に論文を書いたり,学会発表をすることは何より自分自身の能力向上に繋がりますが,副産物としてこういう効果もあったりします.是非,これに続いてくださいね.

12月13日,廃棄物資源循環学会主催のセミナー「リチウムイオン電池の資源性と将来展望」において,山末教授が登壇+パネル討論のコーディネータを行います https://jsmcwm.or.jp/?page_id=27610

記事: Blog2_Post
bottom of page