top of page
検索
  • Shunsuke Kashiwakura

熱天秤、始動。

更新日:2022年6月3日

Today, we started operating a device called TG-DTA (ThermoGravimetric-Differential Theimal Analysis). This device measures the change in weight of a sample placed on a balance and the exotherm/endotherm at the same time to see how the sample has changed (e.g., melted, volatilized, turned into glass).


The device itself had been around since 1998 and was older than the 4th year student. Although it had been a while since the device was started up, it seemed to be able to make measurements without any major problems.



本日から TG-DTA(ThermoGravimetric-Differential Theimal Analysis, 熱重量示差熱分析)と呼ばれる装置の運用を開始しました。この装置は天秤に乗せた試料の重さの変化と、熱の発生/吸収を同時に測ることで、試料がどんな変化をしたか(融けた、揮発した、ガラスになった等)を観るものです。


装置自体は1998年にはあったらしく使った4回生さんより年上。しばらくぶりの起動だったものの大きな問題もなく測定できたようです。



閲覧数:19回1件のコメント

最新記事

すべて表示

修了生から嬉しいニュースが届きました. 昨年度修了生が学生支援機構の奨学金免除を申請していましたが, 全額免除が1名 半額免除が1名 となったようです. 学生時代に論文を書いたり,学会発表をすることは何より自分自身の能力向上に繋がりますが,副産物としてこういう効果もあったりします.是非,これに続いてくださいね.

12月13日,廃棄物資源循環学会主催のセミナー「リチウムイオン電池の資源性と将来展望」において,山末教授が登壇+パネル討論のコーディネータを行います https://jsmcwm.or.jp/?page_id=27610

記事: Blog2_Post
bottom of page